読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mapurincoのタイピング練習日記

タイピング練習のために始めたブログ日記です。特別なことは何も書いていません。

フランス関連本でフランス人を知ろうとしてみる。

去年の7月まで3年間、フランスの東北にある

とある小さな町に夫と生活していた。

 

その時はフランス語習得に必死で語学にのみ集中していて

フランスの習慣や文化については大学の授業で学んだ程度。

 

フランス人の友達も少なからずいたが、

フランス人が一般的にどんな考え方をするとか

フランス人のお国柄とか

そもそもフランス人とはどんな人種なのか

全く考えることもなく帰国した。

 

数年後にまたフランスに戻る予定なので

それまでにフランス人のことを時分なりに理解しておくと次の滞在は前回とまた違うのかもしれないと思い

なんでもいいからフランス関連の本を読み漁ることにした。

 

楽天Amazonで検索し

目について気になった本をいくつか購入。

 

1冊目はベストセラーにもなった

「フランス人は10着しか服を持たない」

→フランスに留学中のアメリカ人著者が経験した、見習うべきフランス人の生活につい描いたエッセイ本。

フランス人の生活がどれほどエレガントですばらしいか伝えたかったのかもしれないが

アメリカ人著者が今までどれだけだらしなかったかというところが目についてしまった

…。さすがにそこまでだらしなかったら、他人の生活はどれも驚くべきことであろうと思わずにはいられなかった。

 

皮肉めいた感想になってしまったが、勉強になる点もいくつかあった。

身だしなみについて、いつも身だしなみを整えるのは当たり前のことだが

自分に似合うファッションのテーマを決めて服を選ぶということ。

これは服選びが楽になるし、

流行を気にせず自分らしさを表現できるし、

買い物で失敗が少なくなるし、

自分に似合うもの以外は買わなくなるのでクローゼットがいっぱいにならない。

 

以上、★は3つ。

 

この本を皮切りに、

今いろんなフランス関連本を読み漁ってます。